町田市で葬儀を行う時には、故人の付き合いがどうだったか事前に把握することをおすすめします。兄弟や親が既に他界していて、かなりの高齢で付き合いもめっきり少なくなってきていて、参列するのが自分の兄弟や子供だけという時は、町田で葬儀を行うことをお勧めします。参列者が少ないときは、低価格で家族葬のような形で葬儀を行うことが向いている葬儀場を選ぶといいです。しかし、たくさんの人数を呼んで参列者が多くなるのが予想されるような場合は、その人数に見合う葬儀場を選ぶようにしましょう。町田の葬儀場は、大人数に向いてないところもあるので、しっかり確認するといいです。一般的な葬儀では、親族だけではなく友人や知人など多くの人に見送ってもらうことができるというメリットがあります。町田の葬儀場のメリットとデメリットをよく検討し、悔いの残らない式にしましょう。

町田ならではの葬儀場選び方のポイント

町田市の火葬では、上小山田町の南多摩にある斎場を利用し行います。一般的に葬儀は、葬儀会社を予約するとその葬儀会社が火葬場の予約もしてくれますが、個人で申し込み直葬にすると、手数料がかからずに安く済ます事が出来ます。南多摩にある斎場では、町田市民の控え室料や火葬料は無料です。そして、この斎場では式場が3式場分あります。これらの式場では一般の葬儀から家族葬まで行う事ができます。南多摩斎場は、たいへん混み合う施設ですが、市民料金で利用でき、葬儀費用全体が安く抑えられるというメリットがあります。また、町田市旭町の会館には安置施設があります。この会館は、葬祭ホールでもあるので、住宅の事情で自宅安置ができない場合は、24時間安置をする事ができます。ここでは、家族葬から一般葬までを執り行う事ができます。

町田の葬儀は、斎場なら格安料金で行えます

町田市の最も簡単な葬儀方法に直葬と呼ばれるものがあります。ここでは、直葬を行う時に気をつける注意点を述べていきます。通夜と葬儀で行われる一般葬とは違い、直葬では火葬のみを行います。直葬では、準備することがほとんどないため、拘束時間も短く遺族と参列者の負担が少なくなるというメリットがあります。また、一般的な斎場を借りないで火葬場のみで葬儀が終えられるため、費用を大幅に軽減できることも直葬のメリットになります。一般葬では、亡くなった翌日がお通夜で、その次の日が葬儀と火葬になるのが一般的です。しかし、直葬では、通夜と葬儀がありませんが、亡くなってからすぐに火葬ができるという訳でもありません。というのも死後24時間以内では火葬をすることが禁止されているからです。そのため、直葬では、火葬を行うまでの間、遺体を安置しておく場所を確保しなければいけないというデメリットもあります。